胃炎・胃潰瘍治療剤のムコスタの効能と副作用について。

ムコスタの効能

[スポンサード リンク]

ムコスタの効能・効果は、次のとおりです。

  • 胃潰瘍
  • 急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善

ムコスタの用法・用量は、次のとおりです。

  • 胃潰瘍:通常、成人は1回レバミピドとして100mg(ムコスタ錠100mg:1錠、ムコスタ顆粒20%:0.5g)を1日3回、朝、夕及び就寝前に服用します。
  • 急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善:通常、成人は1回レバミピドとして100mg(ムコスタ錠100mg:1錠、ムコスタ顆粒20%:0.5g)を1日3回服用します。

ムコスタを服用する際の注意点は、次のとおりです。

  • 持病やアレルギーがある人、他の薬を服用している人は、必ず医師に伝えてください。
  • 指示された用法・用量を守ってください。

[スポンサード リンク]

【免責事項】掲載内容は最新の情報とは限りません。当サイトで提供する情報に基づくいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いかねます。薬の使用にあたっては、必ず処方する医師・薬剤師の指示、または製薬会社の説明書に従って下さい。